多々良島漂流記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2月6日、コードギアス 亡国のアキト 最終章「愛シキモノタチヘ」を観る。

<<   作成日時 : 2016/02/06 21:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

え〜と、延長戦突入の劇場版コードギアスもようやく終わりましたとさ(笑)。観た感じ、これなら多少公開が遅れても4章と合わせた方が良かったのでは?と思った。というか続きモノはもう懲り懲りです。でも今回は意外と劇場空いてたな〜章を重ねるごとに人が減っていってる気がした。同じ1時間1200円クラスの映画の中じゃ以前観た戦隊モノよりは面白かったけども。
画像
正直言うと『皆殺しの富野』的な結末になるかもと覚悟もしてましたが、蓋を開けるとハッピーエンドで拍子抜け、、、ではなく安心しました。
画像
4章でいちばん死亡フラグが立ってたユキヤ君も生きてたと思ったら、怪我を押して愛機で出撃、多脚砲台カンタベリーの死角を狙った突撃で爆砕、と思ったら生存!? 絶対今度こそ死んだと思ったわ(笑)。
画像
アシュレイは『敵ライバルキャラが味方になったら心強い』ということを実感させてくれる良いキャラクターだったね。彼の紅い『アレクサンダ・レッドオーガ』もカッコイイし、よく暴れてくれました。その分、シンのヴェルキンゲトリクスとの戦いではヒヤッとしたけど、この時はアキト、リョウ、アシュレイとも誰が死んでもおかしくない激戦だったし。だけど見ごたえはあったな〜ロボットモノはこうでないと!ってシーンで自分も好きです。スマイラスのユーロピア(E.U.)に苦戦する『アシュラタイ』の前に天からいきなり敵の鼻先に謎のビックリ(本人も?)な登場をしてスマイラスを誅するところは正にヒーローです
画像
主人公は死なないと思っててもアキトは死にそうだった。アキトの髪と小太刀(アヤノの守り刀)を持ったレイラの画を見たときは死を予想したけど生きてました。これもお約束でロボット戦の後は生身で格闘(?)なのだが、苦戦するアキトに亡霊や生霊(魂?)が加勢する展開に(笑)。でも結局ジャンが捨て身で助けた形になった。ア〇ロとシ〇アの生身の戦いとカ〇ーユとシ〇ッコの戦いを足した感じで笑えた(フェンシングじゃないし身体を貸すわけじゃないが)。ブレインレイドシステム(BRS)なんてガ〇ダムやエ〇ァの要素たっぷりやし
画像
他のアレクサンダもいいんだけど、アキトの『アレクサンダ・リベルテ』はやっぱ最高ですな。キット(プラモデル)出たら買いますぜ。カラーリングもHi-νガンダムみたいでカッコイイし♪
画像
今作のお色気クイーン(笑)はジャン・ロウさんことジャンヌさん。女っぽいと思ったら女でしたね(笑)。というかジャンヌのあられもない姿見て素のアシュレイさんは見慣れているのか枯れているのか、さらに頭にレーザーサイトの照準付きでも素面なので二重に凄い
なんにしてもハッピーエンドでよかったよ。司令部の連中(レイラ除く)が全員射殺されたときはビビッたけど、時空の管理者だかレイラのギアス(ギアスの欠片)の力かで時間を巻戻されて良かった(なんてチート!)。シンの弟に対する不器用(悪くいえば独善的)な愛情と本当の愛を知った結末が悲しい、、、あの世でジャンヌさんとお幸せに!と祈る。最後の3章の時に登場した婆さん達の所で皆仲良く(アシュレイと愉快な仲間達付き)暮らすアキト達を見てホッと一息でした。アキトとレイラのキスを見て焦るアヤノや婆さんのセクハラを受けまくるリョウとユキヤが微笑ましい。
それで最後にスザクとジュリアスの前にロロが登場!? R2に続くって感じかな。
画像
そういえば入場者特典の絵柄はこの3人だったな。このまま反逆のルルーシュR2を見るのも面白いかもしれない。そのまえに一回最初から最後まで通して亡国のアキトを見直したいけど。

さて次はまたも特撮モノの映画を観に行くことになりそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2月6日、コードギアス 亡国のアキト 最終章「愛シキモノタチヘ」を観る。 多々良島漂流記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる