多々良島漂流記

アクセスカウンタ

zoom RSS 6月17日、劇場版『魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女』を観て来た。

<<   作成日時 : 2017/06/17 23:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

今日は、友人と一緒にアニメ『魔法科高校の劣等生』の劇場版を観て来ました。
元々この作品のファンなので、劇場版の情報が出た時から楽しみにしてました。
ただこの映画はある程度小説を読んでから観た方が分かりやすく更に楽しめると思います。
画像

この映画の宣伝に『武井壮』が出てて、達也のことを「俺も認める最強の高校生」とか言ってて笑いましたが、もうこの男(司波達也)は最強を通り越して超越者、、いや生ける伝説になったのか?何はともあれ完璧超人過ぎて、もう十分劣等生じゃないでしょ!ってぐらいの活躍でした。
画像
司波達也&司波深雪
この二人は『さすがお兄さま』(さすおに)という言葉が認知されるほど鉄板コンビですが、今回もラブラブ兄妹ぶりは変わらずですが、最後の深雪が達也を受け止めるシーンは少し感動した。
小説では婚約者になり四葉家を継いだりと大変な二人ですが今後どうなるのか非常に気になりますね。
今回達也が使用した「ディープ・ミスト・ディスパーション」や「ベータ・トライデント」の設定とかも興味深いですね。
まぁ、マテリアルバーストも威力が強すぎる所が欠点とも言えますし、その辺を踏まえて用意してた魔法なんでしょうが、これらが新魔法「バリズン・ランス」の開発過程で生まれた魔法ってのが達也の技術面の凄さも分かる設定だなと思う。
画像
アンジェリーナ・クドウ・シールズ
リーナは早く画面で会いたかったキャラクターです。いや〜ポンコツ感がいいんだなこの娘は(笑)。
リーナといえば「ヘヴィ・メタル・バースト」ですが、小説やゲームではいまいち威力無いな!とか思ってたけど、出力を上げたらとんでもねぇ!というのが映画を観て分かったよ
リーナの声優の日笠陽子さんが3つの顔があるキャラクターって語ってたけど、ポンコツリーナ、隊長リーナ、アンジー・シリウスですかね。そういえば『黒羽亜夜子』も日笠さんが演じてたと思うが、こっちは“毒のあるお嬢様”って感じのキャラクターで、彼女が登場したら4タイプの役ですか、声優さんってすげーな。
画像
綿摘未九亜
この劇場版の新キャラクターでキーパーソン。
声優さんたちが言うように守ってあげたくなるキャラクターで、今後はどうなるのか気になるキャラクターです。
今後は姉妹?揃って平和に生きてほしいと願います。
そういえばサービスシーンは女性キャラクター達が九亜と一緒に風呂に入るシーンかな?(笑)。
魔法師をパーツ化するというのは達也でなくても許せないでしょうが、彼女達は調整体ということで過去に穂波を失った時のことがフラッシュバックして今でも忘れられない苦い思い出として残る達也の心境が垣間見える。

その他のキャラクターでは魅力的なキャラクターばかりなんですが、個人的にメイドの黒沢さんが結構エロいのと真由美の寝起き姿と麻利のミニスカ姿は貴重かな、と(笑)。
あとはスターズの連中とエリカやレオ達との戦闘は見所の一つ。特にスターズナンバー2のベンと十文字克人の戦闘は小説でもなかったレアなバトルです。
あと、自分がキャラクター投票で一票入れた「四葉真夜」が少しだけど喋らないけど登場してくれたので満足です。九亜達が使った魔法は「ミーティアライト・フォール(隕石爆弾)」、真夜様の「ミーティア・ライン(流星群)」とは名前は似てても全く別物の魔法です(当然やん<笑)。

それとこの映画、なんか『ガンダム要素』が詰まってるような気がした。
ミーティアライト・フォール発動したシーンは機動新世紀ガンダムXで「ゾンダーエプタ」のガンダムDXのサテライトシステムのマイクロウェーブを遠くから見たシーンを思い出した。
セブンスプレイグ落下<アクシズ落とし、セブンスプレイグ撃破後のオーロラ<サイコフレームの光、これは逆襲のシャアか。
ちょっと無理あるけどこれは似てるなぁというシーンだと、達也がリーナの魔法で大気圏まで上昇してベータトライデントにて地球に迫るセブンスプレイグを撃破後、降りてきて「任務完了」のシーンは新機動戦記ガンダムWのヒイロ・ユイが地球に落下するリーブラの破片を先回りして大気圏内からウイングガンダムゼロのツインバスターライフルにて撃破して「任務完了」
まぁ、私の主観的感想ですがね(笑)。
画像
いつものようにパンフレットを購入しました。それと来場者特典として「美少女魔法戦士プラズマリーナ」の小説を頂きました。リーナファンの方は早めにチェックしてください。なんでも7週連続で特典は変わるらしいです(アニメ作品はこういうのが嫌だな)。
最後に、魔法科高校の劣等生ファンの方はもちろん、今流行?の「俺TUEEEE」な主人公が好きな人は劇場に足を運んでみるのもアリだと思います。あとアニメ2期が見たい(笑)。

さて私の次の映画鑑賞は、、、特撮モノかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
セブンスプレイグを初回でみて、パンフレットで見返した後の感想
・・・・「これ造形したいなぁ、かっこええだろーなー」実際に作るにはどうすればいいのか、基本方針から練らないといけませんがね。
・・・そういえばハヤブサのキットが青島文化から出てたな。それを改造するかw
J
2017/06/25 00:49
Jさん、コメントありがとうございます。
セブンスプレイグを作るんですか!?シブい所に目を付けましたね。
ムーバルスーツ姿の達也を素体から作りたいって人はいましたけど、そっち(セブンスプレイグ)ですか
ハヤブサというと小惑星探査機ですよね。たしかに作るとしたらそれが王道かもしれませんね。
でも自分が制作シュミレートしてみると、ガンプラや戦艦などのパーツでもいけそうな気はします。戦艦の艦橋、GXのリフレクター、ミサイルポッド、あと上部のリング状の物は「竹」とかで代用できないかな、、、なんてね♪


とある星人
2017/06/26 01:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
6月17日、劇場版『魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女』を観て来た。 多々良島漂流記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる