多々良島漂流記

アクセスカウンタ

zoom RSS 7月15日、メモオフ『飛世巴』フィギュア。

<<   作成日時 : 2017/07/15 19:47   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

今回は、MemoriesOff 2nd飛世巴嬢のフィギュアを載せてみました。
画像

これも以前アップした「白河ほたる」フィギュアと同じく、OVAのDVD限定版に付属した物です。
画像

ゲームの方で彼女のルートに入ると、メインヒロインで巴の親友「白河ほたる」とトライアングル(三角関係)な展開になって、主人公(伊波健)のクズさ加減が更に浮き彫りになります(他のルートでも彼は基本クズ男だがw)。
マクロスシリーズの様な綺麗(?)なトライアングラーではなく、ドロドロって感じです。
OVAでは健が巴になびきつつも最後は巴が身を引いた感じでほたるに戻る。
ゲームの巴エンドも曖昧な関係だったし、ほんとにゲス男ですイナケン!
画像
画像
残念ながら、やはり細部まで作られてませんね(笑)。
画像

このヘアスタイル凄いよな、固めてるのかな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
そんな野郎キャラはまさにゲスの極み!!ですな。
そういや「ハマカーン」のお笑いの人が例のゲスの極み乙女より前からそのフレーズをネタで言ってたんですよね。
とにかく豆しば先生じゃないけどクズはくずかごにねって事です。
アニメやゲームでもバッドエンド的に終わるストーリーには必ずクズ男が登場しますよね。
バッドエンドの終わりは後味が悪くてスプラッタホラーなのは自分はマジ勘弁です。
ロック
2017/07/19 21:14
ロックさん、気持玉&コメントありがとうございます。
ありましたね、ハマカーンの「下衆の極み」の返し(笑)。
最近のアニメはハーレム系が多くて困りものですが、意外に最初から主人公の本命が決まってるものがほとんどで安心して見れるのですがね(サブヒロインは可哀そうだが)。
でも昔はメモオフの主人公を越えるゲスの極み、というか腐れ外道の主人公も居たんですよ。
「SchoolDays」というエロゲー原作のアニメなんですが、まさにロックさんの言うような作品で、ほんまに見てて気分悪くなりましたからね!
このアニメのラストは因果応報という言葉がしっくりくると思います(後味クソ悪いけど)。
とある星人
2017/07/20 19:41
そういやゲスの極み乙女のドラムの女の人、芸名のほないこかの名前を変えて女優の仕事始めたそうだね。川谷のゲスのおかげで他のメンバーも色々とばっちり受けてたんだろうけどねー。芸能界で生き残るっていくという事は大変そうですな。
ゲスで思いだしたけどNHKで放送しているコント番組LIFE(現在は放送お休みですが)の中で囲み取材というコントでココリコ田中直樹が演じるゲスニックマガジンという出版社の記者役のキャラがすげー面白くてツボなんですよね。
SchoolDaysの存在は人から聞いて情報を知りました。
ネットでの最悪なストーリー的なアニメ作品というようなランキングでもそのタイトルが1位にランク付けされてました。主人公のゲスぶりな行動の結果、最後はスプラッタホラーな修羅場になると聞きました。
自分は昔、PSのゲームでやるドラシリーズというのがあり「ダブルキャスト」というゲームをプレイしてバッドエンドが多くて恐怖でスプラッタ展開になってかなりトラウマゲーになってます。
怖いのは苦手なんスよ〜暗いよ怖いよ狭いよ〜はうる星やつらの面堂、変だな〜おかしいな〜は稲川淳二でしたな(笑)
ロック
2017/07/20 20:59
さとうほなみ(ほな・いこか)さんでしたかね。武井咲ちゃんのドラマにチョイ役(親のコネで入社した新人銀行員)で出てましたね。
まぁ、ゲス乙女の場合はイクメン議員の不倫よりマシだと思うけど、バンドメンバーとしては連帯責任じゃないけど悪いイメージってとばっちりを食らって他でやってくしかないんでしょうな。知名度があるグループならファンの力とかで盛り返せるんだろうけど、、。でも、グループはともかく本人のイメージはガラ落ちでしょ。イメージは大事ですよ。9番目の昭和ライダーは演じた俳優のせいでイメージが落ちてえらいことなってるし。「仮面ライダーに殺される」ってファンの言葉が衝撃的でね。
LIFEは何度か見たことありますね。元々「笑う犬」とかウッチャンのコント番組は好きでしたからね。
やるドラのダブルキャスト、私もやりました。ナデシコの後藤圭二氏がキャラデザやってるというので買ったんですが、ヒロイン(裏人格?)に部員が全員惨殺されるって展開を覚えてますね。強そうなマッチョな先輩も簡単に殺されてたので確かに印象は強いですね。
とある星人
2017/07/21 20:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
7月15日、メモオフ『飛世巴』フィギュア。 多々良島漂流記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる