多々良島漂流記

アクセスカウンタ

zoom RSS 9月17日、かっこいいけど微妙な機体『リ・ガズィ』。

<<   作成日時 : 2017/09/17 01:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

今日は、食玩FW(FUSION WORKS)RGZ-91 Re-GZ(リ・ガズィ)を載せてみました。
画像

さてこのリ・ガズィだが、Refined Gundam Zeta(リファイン ガンダム ゼータ)の名の通り、グリプス戦役で活躍した名機『Zガンダム』を量産を目的に再設計した機体である。
Zガンダムといえば変形だが、このリ・ガズィはB・W・S(バック・ウェポン・システム)という簡易変形のシステムを採用している。
完全変形のZに対してリ・ガズィはBWSをパージする形でモビルスーツ形態となるので、逆に元の戦闘機形態になることは出来ない。
う〜ん、性能はともかくとしてもメタスの変形機構を取り入れて完全変形するReZEL(リゼル)の方が同じZの系譜に連なる機体として、コストパフォーマンス的にも可変機としても傑作機と言える。
となると敵からも「ガンダムもどき」、「そんなもの」などと言われ、アムロ搭乗時以外はあまりいいところを見せれなかったリ・ガズィは一気に影が薄くなる
しかし、よりガンダム顔になり、アムロ専用機ともいわれる『リ・ガズィカスタム』やガンダムビルドファイターズトライに登場するリ・ガズィをベースとする『ライトニングガンダム』(これはもはやZガンダムに先祖返りしたような機体)などの魅力的な機体もある。
さらにゲーム『スーパーロボット大戦』ではアムロやジュドー達が自分の機体を手に入れるまでのつなぎの機体というイメージだが、戦闘機形態で撃墜されてもモビルスーツ状態で復活し修理費も掛からないという利点がある。
とはいえ、それでも私には“かっこいいけど微妙な機体”という感想しか出てこないのだが(笑)。
画像
アムロ・レイのマーキングが付くだけで強く見える(笑)。
画像
画像
画像
画像
頭部はガンダムぽくなく、そこが「もどき」と言われる所以か、、、。
画像
画像
外したBWSは仮面ライダーカブトみたいに「プットオン」出来たらいいのに。
画像
格闘能力はνガンダム並みに在る、、、わけないよな
「機動武闘伝Gガンダム」の最終決戦に参戦してんだけどな(笑)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
リガズィは『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場したモビルスーツでしたね。アムロが乗ってましたが、シャアのサザビーとは圧倒的な性能の差がありました。聞いた話しでは、シャアがエゥーゴにいたころ(クワトロ・バジーナと名乗っていた)に乗っていた百式もZガンダムの量産機として開発されたモビルスーツだったようですね。
坂の上の蜘蛛
2017/09/17 11:52
坂の上の蜘蛛さん、気持玉&コメントありがとうございます。
いえ、百式は百式ですよ。「Z計画」というZの開発計画の中でメタスと同じく生まれた試作機です。百式はもともとδ(デルタ)ガンダムという可変型ガンダムとして完成する予定だったのですが、フレームの問題で変形機構に欠陥が見つかりまして、非可変型の百式として誕生しました。百式の背部のウイングバインダーはその名残です。ただ、機体性能は良くて乗り手を選ぶ機体らしく、ちょうど愛機(リックディアス)を失っていたクワトロに回ってきたというわけです(というよりクワトロしかいなかった)。ちなみにZZのときの百式は乗りやすくなってるらしい。
というわけで、Zの量産機というより兄弟機といった方がいいかなと。
とある星人
2017/09/17 19:32
このリ・ガズィのおかげでBWSの必要性がでてきたのに、後の作品ではポンポンと可変MSが登場している。
何のためのシステムだったのだろうか?
ひるま
2017/09/18 13:44
ひるまさん、はじめまして、こんばんは。
コメントありがとうございます。
たしかにBWSについては疑問が残りますね。
外してしまうとまた帰って着けねばならず、毎回使い捨てには出来ないだろうから戦場から回収せねばならず、なんて人泣かせな物なのか・・・というかリ・ガズィのBWSが酷すぎると思う。あの情勢ではあれで満足するしかなかったんだろうな。アムロのνガンダムも全てが完全ではなかったし。リ・ガズィのBWSも時間があれば良いものに仕上がったのではなかろうか。リゼルが良い機体だけに、もう少し早くこれを作っとけば良かったのでは?と思う。
ある意味リ・ガズィは被害者といえる。BWSの改良ではなく問題点ばかりを取り正されて次第に完全変形型可変モビルスーツに取って代わられた、と。
私としてはアニメ『ナイツ&マジック』のようなバックウェポンの使い方は理にかなっていると思いますが、リ・ガズィのは正直微妙でしたね。

とある星人
2017/09/18 19:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
9月17日、かっこいいけど微妙な機体『リ・ガズィ』。 多々良島漂流記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる