2月13日の作戦 『ゴジラVS最強ライバル怪獣』

ゴジラの多々いるライバルの中で何が最強か!?・・・自分は迷わず『キングギドラ』『メカゴジラ』を挙げる。
まず[キングギドラ]だが、昔はゴジラだけでは敵わないほど強かったが、平成になるとゴジラもパワーアップしたせいかタイマンを張れる・・・と言うか逆に圧倒することもあった。
例を挙げれば・・・四足歩行の『デスギドラ』(新生モスラに敗北)、日本の守護神『魏怒羅』(白目ゴジラに敗北)、最後の『カイザーギドラ』(ゴジラに敗北)このカイザーギドラに至っては、この作品(FINAL WARS)に登場したほぼ全ての怪獣を退けて快進撃を続けてきたゴジラに負けている。『暴君怪獣タイラント』(ウルトラマンタロウに登場)を思い出すほどの快進撃だが、最後に地球でタロウに負けたタイラント(スタミナ切れ?)とは違いゴジラは最後も勝利を収めた。
そんな[ゴジラVSキングギドラ]の中でも一番印象に残るのは『VSメカキングギドラ』である。
画像
「このゴジラ新しいぞ!!」と言うツッコミは御容赦ください(笑)
ゴジラ作品のメカ系怪獣で初めて遠隔操縦ではなく、人間(未来人)が搭乗して操縦した怪獣。敗れはしたが破壊されず後のメカゴジラに使われる。
そしてその[メカゴジラ]だが、これはそのままゴジラを研究(基に)して創り上げた『メカニックゴジラ』の意。ニセセブンやエースロボットの様なもの。ヒーロー(主役)を模して創ったのだから弱いわけが無く、れっきとしたライバル怪獣だ。
初代メカゴジラは姿を本物(ゴジラ)に偽装して驚かすなどの偽者の王道?を行ったが、雷を帯電して身体を磁石化したゴジラに引き寄せられ首をもがれ敗退。(2号機メカゴジラⅡは首の弱点を改善するも敗退)
しかし、主兵装『フィンガーミサイル』がゴジラの胸に突き刺さり血が吹き出すシーンは痛々しい。
次にGフォースのメカゴジラ。これはメカキングギドラを引き上げ、その未来の技術を解析して現在の技術と混合させ製作した。(武装や装甲などに過去の”スーパーXシリーズ”の技術が見られる)
さらに『ガルーダ』と合体して『スーパーメカゴジラ』となる。(機動戦士Zガンダムの”スーパーガンダム”を思い出す) 一時はゴジラを[死亡一歩手前]まで追い込むも、ラドンの力で復活したゴジラに破壊される。
最後は、最強のメカゴジラ『機龍』
画像

機龍は、ゴジラ(初代)の骨をベースに作られた為か暴走して町を破壊する等のゴジラ的な行動が見られた。
武装は、『氷砕』と言う通り[アブソリュート・ゼロ](絶対零度砲)という必殺兵器や肉弾戦もこなす。
また、搭乗した茜(釈由美子)がカッコ良かった。
近々復活という噂もあるゴジラだが今後どうなるのか気になるところだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック