7月29日、宍粟50名山『水上山』

宍粟50名山の一つ『水上山』に登山してきた。この山はいわゆる“おらが山”で地元では『樋ヶ丸』(とよがまる)と呼ばれるそうだ。一宮温泉まほろばの湯から養父市の方へ北上していくと“倉床”という所に着く。道沿いの登山口の標識から少し民家の脇から裏手に入った所に登山口ポールが在る。
画像
脇に在る古びた水車を見ながら進むといきなり急な登りに突入する。上りも下りもこの急斜面が一番大変だった。この急坂を尾根まで登り、後は尾根道を行く。蝉、蜘蛛、蚊・・・蛇にも遭遇しながら林を進むとテレビアンテナの残骸の様な物を発見した。
画像
アンテナがなぜ壊されたのか解らないけどここが唯一眺望が望める場所だった。
画像
以前登った笠杉山の方角を見る。
そこからは少し急な登りになるがそれに見合った景色は望めなかった
画像
山頂は・・・とりあえず弁当を食べる場所には不自由しない。周りが林で景色も望めず空がゴロゴロ言い始めたのでさっさと下ることにした。案の定雨が降ってきた。急いで、気をつけて?下り、愛車の元に着いて一息ついてふと自分の足を見ると...「なんじゃこりゃ~!!!!」と叫びそうになった。ジーパンの脛の辺りがべっとりとで濡れていた。何処かに当てた記憶も無く、痛くも無い。で、なんだったのかというと“蛭”である。こいつに食われると痛みは無いがなかなか血が止まらない。夏に行く山、冬に行く山と選別するのも重要のようだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック