5月3日、宍粟50名山『一山』→『阿舎利山』を登山する。

本日は登山の予定をしていたが、天候が少し心配だった。しかしそれでも前回に続いて今回も二つの山を登る事になった。まずは『一山』だが、前回来た時は林道が荒れて通れず、今回は下の登山口ポールから挑戦かな?...と思っていたら、地元の人に聞いたら林道が整備されてるとのこと。というわけで林道の行けるとこまで車で行くことにした。終点の広場まで車で来てそこから登山開始する。
画像
山ツツジを横目に登ること30分。
画像
山頂に到着
画像
山頂からの見晴らしは「いいね~」の一言。氷ノ山が良く見える。
画像
正に大パノラマの展望に感嘆。惜しむらくは曇りだったこと。快晴なれば言うことなしだった。
画像
次に登る『阿舎利山』を見る。
車に戻り、阿舎利峠側の登山口まで車で移動する。
画像
ここに来るまでかなりスリリングな峠道だった。登山口から山頂までは尾根道なので楽だが、ちょっと道に迷いやすい。阿舎利川源流モニュメントなどを見ながら35分ぐらいで山頂に到着。
画像
こっちの山頂は一山と違い、展望は望めない。少し斜面を下った所から氷ノ山が見えたが、木が邪魔でいまいちだ。昼食をとって登山口まで下山すると、年配のおじさんライダーが飯盒炊爨して昼食をとっていた。どちらもオフロードバイクで来ていた。たしかにこの峠道はオフロードバイクで走ると最高だろうな。それにしても若者が車離れとかして元気が無いなかでこういう気合の入った年配の方を見ると“自分もこんな歳の取り方をしたい”と思う。麓にある『名水 阿舎利の水』も気にはなったが今回はスルーした。帰りに『一宮温泉まほろばの湯』に浸かって帰った。帰り際に危惧していた雨が降ってきた。車を使わずに登ったら5時間ぐらいは覚悟していたので合羽の出番となっていただろう。そう思うと助かったと言うべきか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック