3月4日、やられ役たちの挽歌

花形の主役が輝くのは引き立て役の下っ端が居るからだ、と私は思う。
そう、彼らの存在は重要だ。
だが、扱いはやはり酷い。
特に特撮ヒーロー番組の敵組織の下っ端たちなどは、、、
画像
有名なのは、やはり仮面ライダーに登場する「ショッカー戦闘員」である。このように手を挙げて「イーッ!」と言うのは有名ですね。
画像
この戦闘員、「合成人間」(要はホムンクルス)だとか、指定された能力基準をクリアした人間を拉致して改造したとか、色々説はあるんですが私もよく分かりません。ただ、後の作品では特訓にてライダーと同レベルのキック力を持つに至った者も居たので、能力のばらつきはあるでしょうね(普通の女性に負ける奴もいたし)。
画像
ショッカー戦闘員はそれぞれ怪人の配下に就いておりまして(会社の部署のようなもの)、上司の怪人と一蓮托生で上司の怪人がやられると生き残っていたとしても所属戦闘員は処分されるそうです。また、腕試しに怪人に処刑される事もあります。悲惨ですね
さて、このガシャポンの戦闘員ですが、ある意味では仮面ライダーや怪人より好まれる商品でもありました。なんせダブってOKの商品ですからね(笑)。ハンドル回して戦闘員が出ると「イィー!!(良ぃー)」と言ったもんです
画像
もちろん「機動戦士ガンダム」などの量産型モビルスーツも同じく、ダブってなんぼです(笑)。
画像
量産型や戦闘員はダブるのが嬉しいのです。主役たちは一体あれば良いが、彼ら下っ端はダブればダブるほどに良いのである。つまりガシャポン界(?)では彼らの方が需要がある!!、、、のかもしれない



ライダー怪人シリーズEX ショッカー戦闘員 (骨タイプ)
バンダイ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ライダー怪人シリーズEX ショッカー戦闘員 (骨タイプ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

  • 坂の上の蜘蛛

    とある星人さん、おじゃまします。そうですね!やられ役と言って、真っ先に思いつくのは私もショッカーの戦闘員です
    おお!よく見ると『仮面ライダー』が番組として始まった頃のベレー帽で顔にペイントしただけの低予算戦闘員やゲルショッカーの戦闘員もいるじゃないですか!
    藤岡弘さんの著書『仮面ライダー本郷猛の真実』によるとショッカーの戦闘員は「大野剣友会」という東映映画で時代劇の斬られ役を演じられてた人たちらしいですね。
    私にとって、やられ役と言えば『宇宙戦艦ヤマト』に登場するガミラス艦もそうですね。
    2018年03月05日 20:18
  • とある星人

    坂の上の蜘蛛さん、コメント&気持玉ありがとうございます。
    おぉ~さすが!戦闘員に詳しいですね。ではショッカー戦闘員に女性の構成員が居たのを知ってますか?実は「仮面ライダー」で一番最初に登場したショッカー戦闘員は男ではなく彼女達「女戦闘員」なんですよ。
    大野剣友会、、、仮面ライダーとは切っても切れないプロフェッショナルな殺陣集団ですよね。そういえば、大分前ですが「戦闘員日記」っていう舞台があったんですが当時は見に行けなくて、今かなり後悔してますね。
    ガミラス艦といえば、スパロボVでワラワラ出て来たマップがあって、ツヴァルケ(メルダ)を集中攻撃してきて運悪く一発食らって瀕死状態で「ヤベーイ!」となったことがありましたよ。そういえば、ジオン軍のムサイとかゼントラーディ艦とかも深緑色ですよね(笑)。ゼントラーディとかはワラワラ出てくるし共通点もありますね。
    2018年03月05日 21:22
  • 坂の上の蜘蛛

    とある星人さん、ショッカーの女戦闘員!もちろん知ってますよ本郷猛と立花のおやっさんがバイクレースの練習をしてる時に、顔にペイント、レオタードに網タイツというセクシーなお姿で現れ、本郷猛は目がかすんで気を失い、気が付けばショッカーの基地の手術室のベットで手足を縛られて、改造手術を受けていた。
    これが、改造人間「仮面ライダー」の誕生シーンですよね。
    2018年03月05日 22:13
  • とある星人

    坂の上の蜘蛛さん、コメントの返し、ありがとうございます。
    そうです、そうです♪
    でも女戦闘員といえば、暗い場所で見下ろされるシーンはちょっと怖かったんですよね(しかも横並びで)。仮面ライダーは初期の頃は怪奇色が強くてちょっと怖かったんですよね。初期のライダー(旧1号)もマスクの色とかが暗い色で見た目全然ヒーローっぽくないし(苦笑)。
    女の戦闘員といえば、赤ジューシャ(仮面ライダーアマゾン)もそうですが、あれは怪人(獣人)より位が高くて戦闘員とは言い難い感じでしたね。あと、戦闘員じゃなく幹部ですが、「妖怪王女」や「魔女参謀」(仮面ライダースーパー1)なんてのも居ましたが、レオタード&タイツでしたね(笑)。
    まぁ、昔の特撮モノの女キャラクター(特に敵)って露出が高いですからね。私が今まで見た作品の中で露出が一番高いと思ったのは「星獣戦隊ギンガマン」に登場する女幹部『シェリンダ』でしょうか。子供番組でこれは大丈夫なのか?と思ったぐらいでしたが、もちろん眼福眼福♪でしたよ(爆笑)。
    2018年03月06日 19:13

この記事へのトラックバック