4月6日、久しぶりの発掘品シリーズ。

帰ってきました!「発掘品シリーズ」
今回のは今年に入ってから出てきた物ですが、カテゴリーは「CD」系です。
画像
画像
まずは、新世紀エヴァンゲリオンのオープニングテーマ「残酷な天使のテーゼ」とエンディングテーマ「FLY ME TO THE MOON」が入ったこの1枚♪。
画像
画像
それと、新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生の主題歌「魂のルフラン」とカップリング曲「心よ原始に戻れ」が入った1枚。カップリングの「心よ原始に戻れ」は劇中では使われなかった曲ですが、どこかエヴァっぽい曲で私は好きです。

今回のはどちらも誰もが知ってるメジャーな名曲でした。
CDは他にも何枚か出て来たので、またいずれブログに載せれたらいいなと思ってます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • 坂の上の蜘蛛

    とある星人さん、おじゃまします。『発掘品シリーズ』待ってました。エヴァの主題歌ですね。私も持ってますし、カラオケでもよく歌います。
    それと、普通のCDアルバムより一回り小さい、このサイズのCDシングルは見かけなくなりましたね。
    2018年04月06日 23:11
  • ロック

    こんばんは。このエヴァの曲はどちらも今では懐かしい8センチシングルCDの時代でしたね。
    自分がエヴァンゲリオンという作品に初めて触れたキッカケがこの残酷な天使のテーゼのCDを購入した事でした。
    放映当初自分の地域ではまだ放送が無く曲が凄く売れていてアニメも面白いらしいという情報しか入手出来ていなかった為、とりあえずCD買ってみるかとなった訳です。カラオケランキングでは未だに歌われている超名曲でもはや説明は必要無いですな。
    でその後、セガサターンのエヴァを購入しなるほどオモロイやんって思ってようやくアニメのVHS版(ビデオ版ですね。)を購入しグッズを買いまくるという罠にはまり現在に至るという感じなんだスな。いや、でも全く後悔はしてません。この頃自分は一反アニメから離れていた時期だったので目覚めさせられたという意味でむしろ感謝。全てのチルドレンにありがとうって言いたい!庵野監督は旧劇場版完結時にアニメより他の事に目を向けろという裏メッセージがあったようだが結果、俺も含め更にアニメ好き人間を増殖させたという。。。
    今後も発掘CDカテゴリシリーズ、楽しみに待ってます。
    2018年04月07日 00:49
  • とある星人

    坂の上の蜘蛛さん、コメント&気持玉ありがとうございます。
    実は超穴場の中古店を知ってまして、この細長いCDシングルが特価で売ってるんですよ。でもさすがに良いものはほとんど速攻で消えましたが(泣)。
    2018年04月07日 18:42
  • とある星人

    ロックさん、コメント&気持玉ありがとうございます。
    自分の場合は初見が同人誌?の4コマギャグ本(エロ無し)を友人から借りて見てからだったと思いますね。当時はガンダムのW、X、08小隊にドはまり中でガンプラ三昧だった頃でした。「主人公頼りねぇ~、なにこのムカつく親父、ヒロイン包帯姿でいきなり死にかけ?、猫背のロボット(笑)」というふうにエヴァは最初あまり良いイメージは無かったんですよね。
    でもその後のアニメ本編の鑑賞やゲーム「スパロボF」でエヴァ好きになってました。特にスパロボFでは同じGAINAX作品の「トップをねらえ!」やガンダムWやGガンダムといった好きなロボットアニメがごっそり出てたので嬉しかったですね。エヴァはアンビリカルケーブルは面倒でしたが、「ATフィールド」にはかなりお世話になりました。むしろATフィールドが無効になる使徒以外の敵と戦わせてました(笑)。使徒の相手は強力な必殺技を持つスーパーロボットの出番でした(気力MAXのゴッドガンダムがバルカンで使徒のATフィールドをぶち抜いたときはビックリしましたが)。後半(完結編)になるとATフィールドを破る敵もどんどん出てきて、プログナイフ主体のエヴァも弱体化していくのが残念でした。その後の「α」とかのシリーズになるとマゴロクEソードとか合体攻撃といった武装強化やアンビリカルケーブルの縛りも無くなり、エヴァ無双も夢じゃなくなりましたけどね。
    まぁ~何はともあれ、ガンダムと並びエヴァは自分に影響を与えたロボット作品であることは確かだ。
    CDはアニソン以外も発掘しましたのでそちらもまたブログに挙げてみたいと思います。
    2018年04月07日 19:29

この記事へのトラックバック