6月14日、仮面ライダー俳優の訃報にびっくり。

今日、ニュース欄を見たら「仮面ライダー出演俳優死亡」の文字があってびっくりした。
調べてみたところ、亡くなられた方はアクション俳優(スーツアクター)の野邉大地さん(21歳)だそうで、ドラマなどではアクションシーンを担当し、特撮モノ(戦隊&仮面ライダー)ではスーツアクターとして活躍されていたらしいです。
どうやらアクション訓練中の事故だったようです。高さ15メートルのホテルの5階からエアマットに飛び降りた後、意識を失い、病院に搬送された後に亡くなられたそうです。
身体を張った職業ですから、常に事故とは隣り合わせなのですが、だからと言って全てCGにしてしまうと臨場感や迫力に欠けた作品になってしまうので彼等アクション俳優の仕事は重要です。私は特撮ファンなので日頃彼らの仕事には感動を頂いているのでスーツアクターの方々を最大限リスペクトしています。特撮モノは彼等(スーツアクター)あっての作品、なので今回の事故は残念でなりません。
画像
野邉さんは現在放送中の「仮面ライダービルド」ではエンジンブロスなどに入っていたそうです。
画像
エンジンブロスといえば、東都と西都の仮面ライダー達による団体戦の一対一での三番勝負で仮面ライダーグリスとの激闘が印象深い。現在は仮面ライダーエボルに敗退し退場してしまいました。
素晴らしいアクション(感動)を提供してくれた野邉さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント

  • 坂の上の蜘蛛

    とある星人さん、おじゃまします。21歳とはまだ若いのにいたましい限りですね。
    アクション俳優の方って、特撮だけでなく、刑事モノや戦争映画にも欠かせない存在なんですよね。彼らのおかげで、犯人追跡のカーアクションや戦場で斃れていく兵士が、より迫力がある画面になるわけですからね。
    2018年06月15日 00:03
  • とある星人

    坂の上の蜘蛛さん、コメント&気持玉ありがとうございます。
    野邉さんも色々なドラマ(モブの刑事役とか)に出られてたみたいですね。
    私も新撰組の池田屋襲撃のシーンで隊士に斬られて階段からドダダダ!と落ちていく倒幕志士役の人とか、ライダーに海や斜面などに叩き落されるショッカー戦闘員役の大野剣友会の方々の「プロ根性」には只々感服しております。
    彼らの働きがあっての作品なんだなぁとしみじみ思いますね。
    2018年06月15日 06:05

この記事へのトラックバック