8月22日、発掘品シリーズ(CD編5)

えっと、今回は久しぶりに発掘品シリーズ行ってみます!
CD編は二ヶ月ぶりぐらいですかね、それでもかなり久しぶりのような感じですね。
で、今回の品は、、、
画像
人造人間キカイダー/キカイダー01 SONG COLLECTION SPECIALです。
画像
キカイダーの歌というと「子門真人」というイメージですが、キカイダーの主題歌はヒデ夕樹(秀夕木)さんです。そう、アニメではあしたのジョーの「力石徹のテーマ」(渋いんだよこの曲が!)、特撮だと「ウルトラマンレオ」や、キカイダーと同じく石ノ森作品では「イナズマンF」なども歌っておられましたね。それと「この木なんの木気になる木」という歌詞の日立製作所のCMソング「日立の樹」を歌っておられたのもこの方でした。
画像
画像
あと、ジロー(キカイダー)を演じた伴大介さんが歌った「春くれば」は最終回で掛かった曲ですが印象深いです。昔は演じた俳優さんが歌ったりってのも結構ありましたね。
画像
そしてハカイダー(サブロー)、もはや特撮で“ダークヒーロー”といえば真っ先にハカイダーと名が出てくるぐらい有名キャラクターですね。主役のキカイダーを喰ってしまうぐらいの人気でした。どこか機動戦士ガンダムのアムロとシャアみたいですね。ダーク最強の白骨ムササビに敗れて、ライバル(キカイダー)の腕の中で「どうせならお前にやられたかったぜ」と息絶えるシーンは名シーンですね。その後、キカイダー01で複数に増えて「ハカイダー部隊」などと登場してましたが、まったくの別人(脳はギルだし)で、非常に弱いうえにサブローの時の様なかっこよさは微塵もなかった。で、そんなハカイダーの曲は、「ハカイダーの歌」「三郎のテーマ」共にアニキ(水木一郎)が担当。ハカイダーの歌はどすの利いた歌声が渋い!また、三郎のテーマは口笛から入るウエスタン調の曲がこれまた渋い!と、つまり全てがかっこいいのである(笑)。
画像
こういった昔の特撮ヒーローのCDでは敵のテーマ曲も用意されてましたね。仮面ライダーでもショッカーの曲とかありましたしね。もちろんキカイダーにも「ギル博士の歌」とかあります。それにしても「プロフェッサー・ギル」を演じた安藤三男さんはもうね、不気味な役やらしたらピカイチですよ(笑)。暗闇に立ってるだけで怖すぎますよね。それと仮面ライダーで死神博士を演じた「天本英世」さんも同じような不気味さがありましたね。

以上、今回は特撮ヒーロー「キカイダー&キカイダー01」のCDでした。では、また会いましょう

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • 坂の上の蜘蛛

    とある星人さん、おじゃまします。
    おお!懐かしい!『人造人間キカイダー』と『キカイダー01』ですね。
    ヒデ夕樹さんや子門真人さんの名前は久しぶりですね。
    このCDの収録曲を全部おぼえているわけではありませんが、やっぱり一番のお気に入りは水木のアニキが歌う『ハカイダーの歌』ですね。「俺の名は♪俺の名は♪ハカイダー♪潰せ♪壊せ♪破壊せよ♪」なんてね。
    それと、ヒデ夕樹さんと言えば、友人が言ってたんですが、日立のコマーシャルの「この木なんの木♪気になる木♪」も歌ってたとか。
    2018年08月23日 20:26
  • とある星人

    坂の上の蜘蛛さん、コメント&気持玉ありがとうございます。
    実はこのCD買ったのは「ハカイダーの歌」と「三郎のテーマ」が目的だったぐらい私もハカイダー好きです。
    あと、ヒデ夕樹さんは上の記事でも書いてますが「日立の樹」を歌っておられた方です、はい。日立といえば今、海外研修生の不当労働が問題になってますね。
    2018年08月23日 21:02
  • 日々散財

    こんばんは、とある星人さん。
    自分は、戦闘シーンでよく流れていた「ぼくらのキカイダー」がすきですね。

    2018年08月23日 21:55
  • とある星人

    日々散財さん、コメントありがとうございます。
    いいですね、アクションシーンで入る挿入歌は軽快なメロディーでヒーロー登場からザコ(いわゆる戦闘員)をばったばった倒していく流れにマッチしてましたね♪
    仮面ライダーだと子門真人の「ライダーアクション」とか好きでしたよ。
    2018年08月24日 05:27

この記事へのトラックバック