8月24日、W系に惹かれてコンバージ買った。

自分は宇宙世紀(UC)のガンダムを見て育ったので、ファーストガンダムから大河絵巻のような時代の流れが好きなんですが、ここメカニックとなるとアナザー系も結構好みの機体が多いんですよね。
特に好きなのは「新機動戦記ガンダムW」のモビルスーツです。
それで、スーパーでついつい食玩「GUNDAM CONVERGE」のゼロカス(ウイングガンダムゼロ EW)を見つけてしまったのをきっかけに最近またちょくちょく集めるようになったので、その何点かを載せてみたいと思います。
画像
XXXG-00W0 WING GUNDAM ZERO EW
ガンダムコンバージ購入のきっかけになった物です。
この天使の如きガンダムの虜になって何年になるか、、、。
ガンプラ制作では常に綺麗に作りたい機体の一つです。
画像
画像
画像
XXXG-00W0 WING GUNDAM ZERO
エンドレスワルツ(EW)版の次は通常(TV)版だろうということで購入。
何故かシールドが二枚入ってた。
ゼロカスが生物的なイメージがあるせいか、こっちはより機械的なイメージになってしまった(※あくまで自分の主観です)。
画像
画像
画像
XXXG-01W WING GUNDAM
これもやはり外せないアイテムですね。
この武者の兜の様な頭部のデザインが好きなんですよね。
そしてこの機体といえば「自爆」ですね(笑)。
画像
画像
画像
OZ-13MS GUNDAM EPYON
ここまで集めるとやはりライバル機も必要ですよね。
この機体、腰からビームソードに繋がるエネルギーチューブが何気にお気に入りだったりします。
最初、コロニーを一撃で破壊する「ツインバスターライフル」を持つウイングゼロに対して、完全白兵戦用と聞いて大丈夫かな?と思ってたら、ビームソード最大出力で宇宙要塞をぶった斬ってたので、これなら問題ないなと納得しました。というかエース級のライバル対決では特に白兵戦が主体となるケースが多いので、エピオンの方が有利ではないかと思うようになりました。
画像
画像

以上、今回は[GUNDAM CONVERGE]を載っけてみました。
では、また

この記事へのコメント

  • 坂の上の蜘蛛

    とある星人さん、おじゃまします。
    この『新機動戦記ガンダムW』は高知で放送してなかったので、レンタルDVDで見ました。
    最初は違和感ありまくりでしたね。登場してくるガンダムパイロットは美少年ばかり、主人公のヒイロ・ユイの最初のセリフは「お前を殺す!」でしたからね。なんじゃ?このガンダムは?という感じでしたよ。
    でも、見てるうちに「これは、宇宙世紀のガンダムじゃないんだから、これもありかな」と思えてきました。
    アナザー系には、ちょっと馴染めないガンダムもありますが、『ガンダムW』はいい感じですね。
    2018年08月24日 22:54
  • とある星人

    坂の上の蜘蛛さん、コメント&気持玉ありがとうございます。
    なるほど、自分はTV放送で視聴しましたが、前作の「機動武闘伝Gガンダム」から引き続きだったので、異色なGガン(私命名オリンピックガンダム)からWは宇宙世紀寄りの世界に戻ってきた感じでした。
    女性ウケ狙いの美少年キャラクターは少し鼻につきましたが(男臭いGガンから見てると余計にね)、モビルスーツが格好いいので直ぐにハマりました。ウイング、デスサイズ、シェンロン、ヘビーアームズ、サンドロックからトールギスやマグアナックといった機体もそれぞれに見所のある機体でしたね。当時はプラモ作りまくってました♪
    私場合はアナザーガンダムはストーリーも良いんですが(特にSEED)、メカニックが好きですね。あまりにも規格外過ぎるヤツは返って引きますがね💦。反面、キャラクターでは宇宙世紀系のキャラクターほどに惹きつけるような人物は居なかったかも、、、宇宙世紀はスター選手の宝庫ですから(笑)。
    2018年08月25日 06:23
  • 坂の上の蜘蛛

    とある星人さん、またおじゃまします。
    高知では、放送してないガンダムも多いので、私が見た順番は必ずしも放送された順番ではありませんが、『Gガンダム』や『ガンダムX』も見ましたよ。
    『Gガンダム』はSDガンダムや武者ガンダムといった、小さい子供を対象としたガンダムからの流れの作品というのが、私の『Gガンダム』評ですね。
    『ガンダムX』は見ましたが、印象に残る作品ではありませんでしたから、ほとんど覚えていませんね。
    2018年08月25日 06:44
  • とある星人

    坂の上の蜘蛛さん、コメントありがとうございます。
    こっちは当時「ガンダム枠」が金曜日の夕方だったと思うんですが、前番組で「勇者シリーズ」が放送されてたので連続してGガンダムも同じノリで見れたんですよね。そういう意味では熱血ヒーローモノのノリのGガンダムは子供たちに人気だったのも理解できます。
    ガンダムXは自分もモビルスーツ以外はいまいちかな~ガロード・ランがニュータイプを超えたオールドタイプと言われても、ランバ・ラルだとか、ヤザン・ゲーブルだとか、アナベル・ガトーだとか普通にニュータイプにも勝てそうな奴いるしね。
    アナザーガンダムでは自分は「機動戦士ガンダムSEED」推しです。
    2018年08月25日 12:09
  • 罪モデラー

    ガンダムOOも忘れないで(>_<)
    (ん?・・・ガンダムAGE?ナニそれ?)┐(  ̄ー ̄)┌ フッ
    2018年08月25日 18:14
  • とある星人

    罪モデラーさん、コメントありがとうございます。
    ダブルオーも忘れてませんが、どうもWと同じで「またイケメンかよ」って感じで偏見の眼差しを向けてしまう傾向があるのが私の悪い癖💦。もちろんメカは好きですよ!トランザムシステムとかかっこいいですし。
    ガンダムAGEとGのレコンギスタは自分もいまいちでした。今となっては「ナニそれ?」って気持ちも分かりますよ(笑)。そういえば以前、知人とAGE-1の主武装「ドッズライフル」とユニコーンガンダムの「ビームマグナム」はどちらが強力なのかとか討論したことがありますが、知人はドッズライフルだと言ってましたが、どうもこのドッズライフルというのは強力には見えないんですよね。途中で効かない敵が出て来たり、後半では量産機(アデルだっけ?)とかに標準装備されてたりで弱いイメージなんですよね。まぁ、描写の問題とか、あと作品も違うのでもちろん機体の差もあるでしょうけど、、、私は「ビームマグナム」の方が強力に見えるんですよね。半分は思い入れの差ってのもあると思うけど(爆)。
    2018年08月25日 19:50
  • 坂の上の蜘蛛

    とある星人さんへ、『機動戦士ガンダムSEED』と『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』はおもしろかったですが、『ガンダムSEED DESTINY』には1つだけ不満があります。
    それは、せっかくシン・アスカとルナマリア・ホークというニューヒーローとヒロインを登場させたにも関わらず、ストーリーが進むに連れて、『ガンダムSEED』のメインキャラだった、キラ、アスラン、ラクスが物語りの中心にくるようになったように見えて、シンやルナマリアの影が薄くなったように思えた点です。
    まぁ~これは私の『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』評なので、的外れな意見でしょうけどね。
    2018年08月26日 07:00
  • とある星人

    坂の上の蜘蛛さん、コメントありがとうございます。
    いえいえ、的外れとは言えないでしょうね。DESTINY推しの方々は皆言ってますよ。トライエイジでも各作品の主人公機のキャンペーンカードがあったんですが、DESTINYは何故か「ストライクフリーダム」だったのはおかしいですね。何でも人気だから許されると思ったらあきません!と異議を唱えたいところですね。私はDESTINYのキラのエゴイストな行動に否定的です。連合とザフトの戦争に横からしゃしゃり出て武装のみを破壊して戦闘不能にするという場面ですが、ソレスタルビーイングとは似て非なる行動ですね。これに対してはゲーム「スーパーロボット大戦Z」で剣鉄也やカミーユといった者の言う通りですね「戦場で武器を奪われた兵士がどうなるか分かっているのか!」そう、「的」でしかないのです。理想掲げるのは勝手ですが、そのエゴで死ぬ人間もいるという事を知れ!といいたい(実際ハイネが死んだし)。
    私もDESTINYはシンの物語だと思ってるので、横からしゃしゃり出まくりで最後はほぼ主役の座を奪っていったキラは嫌いです。というかSEEDのキラは嫌いじゃないんだけどなぁ(泣)。
    そういえば、何だか作者(脚本?)の奥さんだかがキラ好きなのでこういう話になったって噂を聞いたんですがね。
    2018年08月26日 19:45
  • とある星人

    追記:どうやら監督の奥さんが脚本家でキラ&アスラン贔屓だそうです。なんだかファンの間では有名な話だとか。アンチが多く、けっこう問題のある夫婦だったようです。
    2018年08月26日 20:06

この記事へのトラックバック