8月4日、劇場版ビルド&ルパパト観て来ました。

早速本日公開の仮面ライダー&スーパー戦隊の夏映画を観てまいりました(恒例ですね♪)。
画像
画像
入場者プレゼントは「リアルヒーローカードキット」〈1パック2枚入り〉 内容はライダーシステムシークレットデータカード〈全4種のうち1つ〉①ビルドver.②クローズver.③グリスver.④ローグver. 快盗カードVS警察カード〈全4種のうち1つ〉①魁利VS圭一郎ver.②透真VS咲也ver.③初美花VSつかさver.④ノエルver.です。自分は見ての通り、ライダーの方が「①ビルド」で戦隊の方が「④ノエル」でした。全種類揃える方は頑張ってください。 それと「仮面ライダージオウ」のチラシも入ってました。「仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER」12.22(SAT)・・・またやるのね。いや、ファンとしてはそら行きますけどさ、平成ライダー集大成!期待してるぜ。それにしても他にも予定としてアニメゴジラやドラゴンボールもあるんですが、年末の映画鑑賞は忙しくなりそうです。
画像
そしてかる~く映画の感想などを語っていきます。 まずは『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film(アン・フィルム)』
画像
今作の見所はやはり、常に対決姿勢だった二大戦隊が一時休戦して協力し、上の画像のようにズラッと並ぶところが良かったです。正に「戦隊はこうでなきゃ!」ってのが見れたので満足ですね。
画像
新アイテムというか新キャラのジャックポットストライカーだとルパンレンジャーもこうなってしまった(笑)。仕様も「パトレンU号」とほぼ同じで、合体した魁利達それぞれの意識もあるみたいです。なんだか仮面ライダー電王のてんこ盛りフォーム(クライマックスフォーム)を思い出してワロタ。ちなみに名前は「ルパントリコロール」だそうです(まんまやん!)。
画像
こいつがジャックポットストライカー。王冠らしきものが頭に付いてるが何者でしょう。ギャングラーの世界に居たし、謎のキャラクターですな。
画像
ルパンレンジャーのダイヤルファイターとジャックポットストライカーが合体して完成する『ルパンレックス』。背中の翼がストフリみたいでかっこ良かったです。
画像
で、今回の大物ゲストはココリコの「田中直樹」さん。「名探偵エルロック・ショルメ」という役柄でしたが、、、
画像
敵・ギャングラーの怪人でした。田中さんのは白くて剣持ってる方です。作品は違えど同じ映画の仮面ライダービルドの方に吉本の同期であり、同い年で地元も同じという藤井隆さんが出演しているということで、二人ともそれぞれについて語っておりました。
画像
次は『劇場版 仮面ライダービルド Be The One(ビー・ザ・ワン)』
画像
画像
え~最初に言っておくと、テレビの方では主役ライダーの二大最強フォーム(ビルドジーニアスフォームとクローズマグマ)はこの劇場版ではあまり活躍しません。良い子の皆、ガッカリしないでね!
画像
その分、他のライダーの二人はそれぞれに見せ場がありました。仮面ライダーグリスVSゼブラロストスマッシュ 「心火を燃やして、ぶっ潰す!」グリス(一海)の戦い方はいつもクールでありながら熱くもある、正にセリフの通りである。
画像
ゼブラロストスマッシュはこの「郷原光臣」(演:藤井隆)が変身する。龍我の恋人(香澄)を怪人(スマッシュ)にした人物であり、龍我に倒させてあげたい敵でした。西都の知事という事で大阪弁でした。
画像
仮面ライダーローグVSシザーズロストスマッシュ 「大義のための犠牲となれ!」 最近は他のライダーが強化していって取り残された感のあるローグですが、今回は元最強ライダーの意地、本気の戦いを見せてもらいました。
画像
シザーズロストスマッシュは紅一点の「才賀涼香」(演:松井玲奈)が変身する。着てるスカートの丈が短くて、囚われた一海と幻徳を檻の上から見下ろすシーンは一海でなくとも「見てません!」となりそう(笑)。役柄としては氷室親子の間で暗躍した悪女という感じで、ローグ(幻徳)が本気を出すのも頷けるヤツでした。
画像
幻さんといえば、こんなコミカルなシーンもありました。親父さんの墓参り行きましょうよ!(笑)。
画像
戦兎(ビルド)にもこんなシーンがありました。バイオハザード(ゾンビじゃなく人間だけど)な状況でよくこんな余裕があるものだな(笑)。
画像
で、今回のラスボス「仮面ライダーブラッド」。劇場版「悪」のライダーも珍しくなくなってきましたが、元がグレートクローズだからか、デザインが非常にかっこいいです。ガンバライジング参戦の際には仮面ライダーダークキバなんかと組んで悪のライダー軍団を作ってみたいぞ!
画像
ブラッドに変身するのは「伊能賢剛」(演:勝村政信)。他の二人と同じく地球外生命体「ブラッド族」でエボルトも同じ種族。エボルトとは袂を分かち、独自に「ビルド殲滅計画」を計画し、己の目的に邁進する。良くも悪くも悪役キャラクターという感じですが、エボルトの方が一枚上手のようで、、、。
画像
そんなブラッドに引導を渡すのは「仮面ライダービルド クローズビルドフォーム」 「さぁ、最後の実験を始めようか。」おそらく本編(TV)では出てこない奇跡のフォームなので、正に最後の実験でした。龍我も巻き込んで融合合体した姿で、それぞれ戦兎と龍我の意識もある。戦隊に続いてライダーも合体するんかい!と思ったが、ライダーなのでアリかなと(笑)。前例(電王やW)がありますしね。最後はラブ&ピースな技で決めてくれました!
画像
恒例の次の新ライダーちょこっと顔見せはエンドロールの後、平成ライダー達が戦う場所に誘われた戦兎が見たものは、巨大兵器から出て来た、顔に「カメンライダー」と書かれた戦士『仮面ライダージオウ』だった。
画像
ジオウはビルドの意匠が刻まれたアイテム「ライドウォッチ」を使ってフォームチェンジし、戦兎の前でビルドの力を使って見せた。そしてジオウは自身を「全ライダーの力を持つ魔王だ」と言うが、、、。
画像
そんなジオウの武器は「ジカンギレード」(時間切れブレード?)。剣モードと銃モードに変えられるようだ(見た目も分りやすい)。
画像
そして変身アイテム「ライドウォッチ」。時計をモチーフとするジオウらしいアイテムですが、問題は、、、
画像
玩具ですね!すでにこういったキャンペーンの情報も入っております。全ライダーの力を持つというだけにアイテム数もかなりの物となりましょう。私は仮面ライダーオーズの時に「Oメダル争奪戦」に加わり、一年後に価値の下がった大量のOメダルを見て後悔と虚しさを味わったので、こういった変身用玩具は本気では集めません(何個かは手に入れるかも知れないけど)。このクローズといったサブライダーと主役ライダーの物も出るとなると集めるのは容易ではないと思いますが、フルコンプする予定の方は頑張ってくださいな。私はフィギュアの方を買う予定。

最後に、劇場版ビルドはタイトルがあれなので主題歌も「Be The One」の別(劇場版)ver.だろうと思ってましたが、「Everlasting Sky」という曲で歌っているのはBe The Oneを歌ってるBeverlyさん。またこの曲が良いんだ!俺好みでね♪CD出たら買いますよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • 坂の上の蜘蛛

    とある星人さん、おじゃまします。夏休みにこういう特撮ヒーロー映画は欠かせないですよね。
    公開初日に行くとは、模範的なファンですよね。私も『ヤマト』と『ガルパン』は初日に行きますもの。最後に『仮面ライダージオウ』の顔見せとは粋ですね。仮面ライダーの映画では恒例なんですか?
    2018年08月05日 11:41
  • とある星人

    坂の上の蜘蛛さん、コメント&気持玉ありがとうございます。
    模範的と言われるとこっ恥ずかしいですが、好きな作品というのは待ちきれなくて初日に行っちゃいますよね。
    新ライダーの顔見せは、今回(夏映画)のように本編(TV)が終盤の場合は次の新番組の主役ライダーが登場し、本編が途中の頃の映画(年末)だと本編に登場予定の追加戦士(サブライダー)が登場します。顔見せなので、ほんのちょっと今のライダーを手助けしたり、遠くから眺めてるだけとか、敵対行動をとる者もいたりと様々ですが、共通して言えるのは「変身前の姿はさらさない」「顔見せ時は圧倒的に強い」ということ。これによって今後登場するであろう謎の戦士とその戦闘力に興味を引かせ、否が応にも本編への期待が高まりますよね。そういう意味では視聴者を飽きさせない為の制作側の戦略といえますね。
    2018年08月05日 19:55

この記事へのトラックバック