5月30日、ザクとは違うのだよ、ザクとは!

今日は、食玩の『機動戦士ガンダム Ultimate Operation』MS-07B グフを載せてみます。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

グフカスタム(B3)も格好良いんですが、やはりグフと言えば、蒼い巨星「ランバ・ラル」大尉が乗ったこの機体が印象が強いですね。
あとはオーストラリア方面で活躍した「荒野の迅雷」ことヴィッシュ・ドナヒュー中尉のグフなども有名ですね。
グフカスタムを駆ったノリス・パッカード大佐も含めて、グフを愛機とするパイロットは武人然とした者が多かったように思う。
特にランバ・ラルは、グフと重なって見えるというか、機体が乗り手を体現したモノの様な感じがしました。これだけ機体とパイロットがマッチしているのは他にないと思います。
そういえば、「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」にて「グフイグナイテッド」に搭乗するハイネ・ヴェステンフルス(CV.西川貴教)が「ザクとは違うんだよ、ザクとは!」と言った時は「あぁ、西川さん、言いたかったんだろうな、そのセリフ」と思って、つい笑ってしまいました。
でも、オレンジのグフじゃ違和感があり過ぎるんすよ(笑)

以上、Ultimate Operation グフでした。
それではまた次回にお会いしましょう

この記事へのコメント

  • 坂の上の蜘蛛

    とある星人さん、おじゃまします。やはりグフと言えばランバ・ラル大尉ですよね。ラル大尉と言えば「うぬぼれるなよ!小僧!貴様の実力で勝ったのではない!そのモビルスーツの性能のおかげだということを忘れるな!」という名セリフが思い浮かびます。アムロも「ぼくは、あの人に勝ちたい。」と言ったのはラル大尉だけですね。その前に、あの!赤い彗星とも戦ったはずなのに、パイロットとしての腕の差を見せ付けられたという感じがしたんでしょうか。
    2019年05月31日 22:48
  • とある星人

    坂の上の蜘蛛さん、コメント&気持玉ありがとうございます。
    う~ん、戦う前に顔を合わせて顔見知りになったというのもあるんですが、大人の余裕というか、懐の深さというか、そういった所も含めて、男としても戦士としても超えたい壁になったんでしょうね。
    シャアはまだ良くも悪くも若さがありましたからね(苦笑)
    2019年05月31日 23:54

この記事へのトラックバック