5月18日、マラサイ

今日は、「FW Ultimate Operation PLUS」『RMS-108 マラサイ』を載せてみます。
画像
元々はアナハイム・エレクトロニクスからエゥーゴに配備される予定だった機体だが、そのことがティターンズに露見しそうになったため、言い逃れに近い形で無償でティターンズへ譲渡された。
いや~世渡り上手というか、戦争を商売としている企業らしいと言うべきか、さすがアナハイム!
画像
この機体がエゥーゴに配備されていたら、カラー的に「クワトロ大尉」が乗ったのだろうか、でも量産機だしな。
画像
画像
画像
画像
画像
マラサイといえば、大気圏突入の時のカクリコン中尉の「ア、アメリアーーーー!!!!」ってのが印象に残ってますね(笑)。
画像
でもって、この機体は強いのかですが、本機で地球に降りたジェリド中尉がジャブローにて最終的には墜とされるも、カミーユのガンダムMk-Ⅱと死闘を繰り広げてましたし、量産機としては性能は上々だったんでしょう。

以上、「機動戦士Ζガンダム」に登場するマラサイでした。
ではまた次回に会いましょう

この記事へのコメント

  • 坂の上の蜘蛛

    とある星人さん、おじゃまします。MSマラサイ、連邦のザクとも言われた機体ですよね?そういえば、全体的なシルエットはなんとなくザクに似てるような感じもします。
    マラサイのような経緯を辿ったMSとしては、『機動戦士ガンダム 0083スターダストメモリー』に登場した、シーマ・ガラハウ中佐が搭乗した、ガーベラ・テトラもそんな感じのMSでしたよね。
    たしか、ガンダム4号機として連邦軍に納入されるはずの機体をアナハイムのオサリバン専務がシーマ中佐の部隊に横流ししたんでしたよね。
    2019年05月18日 19:18
  • とある星人

    坂の上の蜘蛛さん、コメント&気持玉ありがとうございます。
    いえ、「ハイザック」が〝連邦のザク"ですね。
    まぁ、ハイザックの後継機がマラサイですので全然間違いというわけじゃないでしょうけど。
    ガーベラの件はほとんどシーマの脅しですね(笑)。
    でもあの時のシーマ様、結構女っぽい服装でしたから最初は他の方法で取り入るつもりが、最終的に脅す形になったのかも、、、年増だしね(笑)。
    それにあの狸(オサリバン)も意外と食わせ者ですからね。
    2019年05月18日 20:00
  • 罪モデラー

    確かにマラサイは元々エゥーゴに供給されるはずだった機体ですが、よく考えみるとほぼ同時期にエゥーゴはマラサイと同程度のネモを配備してるんですよね(*^^*)ちょと矛盾を感じるのは私だけですか?σ(^_^;)?
    2019年05月19日 09:24
  • とある星人

    罪モデラーさん、コメントありがとうございます。
    確かにそうですよね。
    装甲材質や性能的にも同じぐらいですかね、むしろガンダムMk-ⅡやジムⅡなんかと並べるとネモの方が絵になります。
    ある意味、エゥーゴにとっては要らない機体だったと言えますね。
    ティターンズ側のハイザックの後継機って言われるのも疑問だし。
    2019年05月19日 11:44
  • 日々散財

    こんばんは、とある星人さん。
    自分は、このマラサイ、ティターンズカラーで、買った気がします。
    2019年05月21日 20:50
  • とある星人

    日々散財さん、コメントありがとうございます。
    確かにありましたね、「ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに」のカラーでしたっけね?でもあれってマラサイじゃなく「ロゼット」とかって名前じゃなかったですか?
    2019年05月21日 21:36

この記事へのトラックバック