6月30日、量産型ライダー

今日は、量産型ライダーとも言える「ライオトルーパー」のガシャポンフィギュアを載せつつ語ってみたいと思います。
画像
画像
ガシャポンのショッカー戦闘員とか量産型ライダーといったやつは、いくらダブってもOK!!という心意気でハンドルを回してましたね。
画像
標準携行武器「アクセレイガン」は遠近両用に対応した武器だが、如何せんちゃちい所は量産型なのでやむを得ず(というかそこが魅力?)。
変身ベルトの「スマートバックル」も他の555の仮面ライダーのような携帯型ツールのライダーズギアの様な恰好良さは無く、ベルトに付いてる上向きのバックルを横に倒すだけで変身が完了するという簡素な仕様。
画像
量産型ライダーといえば他にも、「黒影トルーパー」、「仮面ライダーメイジ」、「ライドプレイヤー」等が居ましたが、私はこの「ライオトルーパー」が一番印象深い存在ですね。
「劇場版 仮面ライダー555 パラダイス・ロスト」の10000人のライオトルーパー部隊というのが強烈でしたから(笑)。
特に専用バイク「ジャイロアタッカー」に乗って集団で奇襲攻撃を掛ける戦法は有効で、「仮面ライダーファイズ」を敗退させたほどでした。
中にはカイザやデルタ、サイガといったライダーの装備やマシンを使うライオトルーパーも居て、汎用性はかなり高いと思われる。
また、ライオトルーパーには「オルフェノク」(※いわゆる怪人)であれば誰でも変身が出来るのだが、もちろん戦闘力は変身する者によって個人差はある。
画像
ライオトルーパーの派生型とか見てみたいですね。
画像
もちろん量産型ですから、ベースとなった物はあります。
「仮面ライダーファイズ」です。
専用バイクの「ジャイロアタッカー」もファイズのバイク「オートバジン」をベースとした量産型です。
ただし、オートバジンのバトルモード(人型に変形)機能はオミットされている。

以上、「ライオトルーパー」についてでした。
ではまた次回に会いましょう

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • 坂の上の蜘蛛

    とある星人さん、おじゃまします。仮面ライダーファイズの量産型仮面ライダーですか!なんだか、こういうライダーを見てるとショッカーライダーを連想しますが、このライダーたちもそういうライダーなんですか?

    さて、明日はウェブリブログの大改修の日ですね。どんな風に変わるのか?楽しみでもあり、リニューアルされたウェブリブログにうまくついていけるのか不安でもあります。
    でも。とりあえず、大勢の人から惜しむ声が多かった気持ち玉が存続することになって本当によかったと思いますよ。「コメントはもらえなくても、気持ち玉があるだけでも励みになる」と言う声が多かったですからね。
    2019年07月01日 09:49
  • とある星人

    坂の上の蜘蛛さん、コメント&気持玉ありがとうございます。
    ショッカーライダーは平成版(THE NEXT)はともかく、昭和の方は1号~6号まで番号があってマフラー等も色が違うし、本郷ライダー達には無い「怪人の技」もそれぞれ違うもの持ってるしで、全く同じモノは居なかったですよね。
    それに比べて「ライオトルーパー」は名前の如く〝兵士〟なので、全て同じ外見に同じ装備であり、中のオルフェノクの能力にもよるが、大体が同じ能力です。
    上級のオルフェノクはむしろ怪人態の方が戦いやすいので着ない。
    それにショッカーライダーはゲルショッカーのエリートですから、弱小オルフェノクの有象無象が着込んだ数任せの「兵士」とは違いますよ(笑)。ただ10000体は凄い数だ。

    さて、明日のリニューアル次第で私は「ウェブリブログ」から消えるか、残るか、どうなるか、、、。
    2019年07月01日 19:25

この記事へのトラックバック