7月26日、夏恒例!仮面ライダー&スーパー戦隊の映画始めました!

というわけで、早速観てまいりました(いや、どういうわけよ?)。
いつものようにストーリー(あらすじ)はぶっ飛ばして思ったことを語っていきます。
今回は、劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer/騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ恐竜パニック!!の二本立て。
P7260002.JPG
まずは、公開順通りに騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ恐竜パニック!!から。
今回は、ライダーも戦隊もタイムスリップするわけで、そうすると歴史に介入して過去の人々や物事にも影響を及ぼすわけで、それはそれで御法度なんですが、子供向けの何でもありの作品なので許される?、、、のだろうか(笑)。
騎士竜戦隊リュウソウジャーがタイムスリップしたのは、地球に巨大隕石が衝突した6500万年前の恐竜が生息する時代。
古代人類「リュウソウ族」と戦闘民族「ドルイドン」との戦いも描かれる。
P7260011.JPG
始祖マイナソーによってリュウソウジャーは過去に飛ばされる。
それにしてもカナロ(リュウソウゴールド)は過去にも行かないし、変身しないで影が薄いです(笑)。
女口説きまくりの単なるチャラ男にしか見えねぇ!(実際そうだけどw)。
P7260008.JPG
TVの方では誰が装着してるのか謎の「ガイソーグ」も登場。
過去のレジェンド戦隊ヒーローの人とか色んな人が着込んでますが、誰に定着するのだろうか。
P7260005.JPG
ガイソーグを作ったのは、6500万年前のリュウソウ族の「ヴァルマ」(演:佐野史郎)。
まさか、ガイソーグを最初に着込んだ人が佐野さんだとは、、、。
佐野さんと言えば、冬彦さ、、、じゃなく!特撮関係に限って言うと「ゴジラ」というイメージの俳優ですが、最近はライダーや戦隊にも出るようになってきましたね。
P7260009.JPG
キシリュウジン、これもヴァルマが作った物で、リュウソウジャーの「キシリュウオー」のプロトタイプにあたる。
もちろん佐野さんも冒頭これに乗り込みました。
最後は隕石相手に「ν〇ンダム」します(笑)。
P7260006.JPG
物語の中心人物で、ヴァルマの娘「ユノ」(演:北原里英)。
AKBの時は結構好きでした、お姫様抱っこしたバンバは役得ですね(えっ、どっちが?)。
P7260010.JPG
リュウソウレッドの最強フォームは別に在りそうだけど、どうなのかな。
まさかこれが最強って事はないよね!?
今回のコウの行いは、過去(人)に影響を与えて、巡り巡って、自分に戻るっやつですね(良い意味でね)。
P7260007.JPG
名前もない「恐竜博物館の女性職員」というモブキャラ役ですが、この方は特撮ファンならご存じの方は多いはず。
「侍戦隊シンケンジャー」や「宇宙刑事ギャバンTHE MOVIE」などに出演された「森田涼花」さんです。
P7260001.JPG
さて、仮面ライダーに入る前に休憩挟みます♪
P7260004.JPG
今回の入場者プレゼントは「Wヒーローチェンジングカードセット」(全3セットあり)。
これ、いわゆる見る角度で絵柄が変わるってやつです。
私は「バンバ&トワ⇔リュウソウブラック&リュウソウグリーン」、「仮面ライダージオウ⇔仮面ライダーゼロワン」のセットでした。
P7260003.JPG
さて次は、劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer オーヴァークォーツァーです。
P7260014.JPG
まず、初っ端から令和の新ライダー「ゼロワン」が登場!彼は今作のトリも務めます。
先ずは彼を「祝う」ところから、、、夢オチだけどね。
P7260023.JPG
「仮面ライダードライブ」のベルトさん(クリム・スタインベルト)の依頼でジオウ(ソウゴ)達がタイムマジーンでタイムスリップするのは、「西暦1575年」!!
P7260024.JPG
「織田信長&徳川家康」連合軍と「武田勝頼」軍との戦『長篠の戦い』の直前であった。
P7260032.JPG
もちろん彼等はまず変装(ウォズ以外)!!
まさかのゲイツが影武者に仕立て上げられて織田信長として参陣することに!?
足軽が戦う中でライダー同士のバトルやタイムマジーンによるロボ戦とか、あり得ねぇ~とか思ってましたが、昔、鎧武の映画で似たようなのやったような気がするw。
もう、時代の影響云々とか超越してます(笑)。
P7260027.JPG
敵ライダーも相変わらず派手だねぇ~。
コイツは仮面ライダーザモナス名前の由来は「AMAZONS」のアナグラムだそうです
アマゾンズ(アルファ、オメガ、ネオ)のライドウォッチを所持。
見た目からアマゾンズの意匠が表れてますね。
変身するのは「歴史の管理者」を名乗る「クォーツァー」の一員『ジョウゲン』。上限?
ジョウゲンが現代で初登場した時は「鷹山仁(アマゾンアルファ)」をイメージした服装(笑)。
P7260029.JPG
こっちは「仮面ライダーゾンジス」名前の由来は「ZO、シン、J」のアナグラム。
シン、ZO、Jのライドウォッチを所持。
こっちも所持するライドウォッチの仮面ライダーの意匠が出ておりますね。
変身シーンは「J」の文字を指で模る等のイメージしたところが見られる。
変身するのはクォーツァーの一員『カゲン』。下限?
こっちも初登場時は私服で、俳優が「藤岡弘、」をイメージしたという事で、昭和ライダー風というところか。
そして、コイツは三人の敵ライダーの中で唯一最後まで残ったライダーでしたが、新時代「令和」のかませ犬となり大義の為の犠牲となりましたとさ。
P7260016.JPG
そして最後に今作のラスボスにして、「グランドジオウ」の攻撃も通用しない強敵「仮面ライダーバールクス」名前の由来は「BLACK RX」のアナグラム。
RX、ロボライダー、バイオライダーのライドウォッチを所持。
バールクスも他と同じく、外見もさることながら変身ポーズもRXらしさが出てました。
「リボルケイン」を使用するのはRXファンとして鳥肌が立ちました。
この武器は最強クラスの武器で、ライダーも殺傷する程です(仮面ライダーウォズが餌食になりました)。
さらにバイオライダーとJのライドウォッチを使用して巨大化した時の「平成シールド」、これは某総理大臣のネタかな?と思いました(笑)。
変身するのはクォーツァーのリーダー『常盤SOUGO』。
中央の玉座でふんぞり返ってたり、立ち位置も「中央」。
ゲイツが織田信長の影武者をやってましたが、実は常盤ソウゴはこいつ(常盤SOUGO)の影武者のような存在だったわけですね。
平成ライダーは世界観がバラバラで統一性が無い!みたいな事を言ってましたが、そこが平成ライダーの魅力でもあるんですよね。
P7260031.JPG
向かって左から「ジョウゲン」(演:斉藤秀翼)、「常盤SOUGO」(演:ISSA)、「カゲン」(演:パパイヤ鈴木)
斉藤秀翼さんは「獣電戦隊キョウリュウジャー」(キョウリュウブラック/イアン)に出てたので、むしろリュウソウジャーの方に出るべきだろ!とか思いましたね。
ISSAさんと言えば「仮面ライダー好き」で知られる方で、仮面ライダーの主題歌を担当したり、俳優としてもショッカーの幹部役で出たりしてますので、「おかえりなさい」という感じでしたね。
パパイヤ鈴木さんは、役のイメージは昭和という事で、我等昭和世代〓おっさんという事で親近感が湧きました。パパイヤさんは俳優というより、戦隊の方のEDのダンスの振り付けのイメージですがね。
P7260037.JPG
クォーツァーには他にもメンバーが居まして、「DA PUMP」のメンバーが演じてます。
カ~モン、ベイビー!アメリカ!ですね(笑)。
クォーツァーには「ウォズ」も加わりますが、ウォズの服ってクォーツァーの制服だったんですね。
ISSA以外のDA PUMPのメンバーには、最後に常盤ソウゴに問い掛ける大事なシーンがありましたが、あそこは良いシーンでしたね。
P7260030.JPG
地味ながら物語の鍵となる「仮面ライダードライブ」勢のクリム・スタインベルト(演:クリス・ペプラー)や仮面ライダーマッハ/詩島剛(演:稲葉友)もファンサービスになりました。
P7260036.JPG
そして、最大のファンサービスは彼等レジェンドライダーなのは当然です。
P7260033.JPG
そして、ついに常盤ソウゴはオーマジオウの力を手にします。
P7260022.JPG
仮面ライダージオウ、究極の「オーマフォーム」の誕生である。
その姿はオーマジオウの力を持ちつつもそれとは異なる、常盤ソウゴが行きついた答え(最終王者)である。
P7260017.JPG
P7260018.JPGP7260019.JPGP7260020.JPGP7260021.JPG
そして、仮面ライダージオウ オーマフォームの元に集う平成ライダー達も最強フォームへパワーアップ。
正に最高の展開で、見てる子供達のボルテージもマックスに!
巨大化したバールクスに止めを刺した「平成ライダーキック」はかつての「オールライダーブレイク」を連想させる派手な技で、各ライダーのキックと共にそのライダーのタイトルロゴが突き刺さるというのはカッコイイんですが、その後にバールクスの持つシールドが「平成」と浮き出るのは笑いました。
さらに、平成ライダーシリーズといえば、色々なジャンルでコンテンツ展開していった歴史もあり、、、
P7260013.JPG
この「仮面ライダーブレン」を始め、同じくネット配信から「仮面戦隊ゴライダー」、舞台から「仮面ライダー斬月カチドキアームズ」、漫画から「漫画版仮面ライダークウガ」、SMAPのスペシャル特番から稲垣吾郎が変身した「仮面ライダーG」も助っ人に駆けつける。
むしろ、皆の記憶にある仮面ライダーが各コンテンツから飛び出したという感じでしたね。
それと、何と言っても今作のボーナスは「仮面ライダーに認められなかった男」こと仮面ノリダー/木梨猛(演:木梨憲武)の登場だろう。
最初、「ぶっとばすぞぉ!」と聞こえた辺りから「ま、まさか!」と思ってましたが、現実になりました(笑)。
こうなれば、V2(一文字マモル)もいずれ!期待してもよろしいかな?
P7260015.JPG
エンドロールの後、最後を締めるのは「令和最初の仮面ライダー」ゼロワン。
運良く生き残ったゾンジスに「フライングファルコン」に変身してトドメの一撃を食らわせる。
頼むぜ!僕らのゼロワン!令和も仮面ライダーシリーズは不滅だ。

決して交わってはいけない!「仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション」今冬公開!
う~ん、またMOVIE大戦モドキを復活ですか、、、いや、良いんだけどね。

といったところで締めさせて頂きます。
昨日の夜に観に行って、昨日の内にブログにアップしたかったんですが、私、現在プチ熱中症で頭痛がするので結局寝ちゃって、途中まで編集して今日(27日)アップとなりました。
いや~でも面白かった!というか、マニアックなの出し過ぎでしょう(笑)。
ノリダーとかGとか、マニアは喜ぶだろうけどさ、最近の子供は分からんで!(爆)。
その分、レジェンドライダー俳優はあまり出なかったね。年末の映画に期待かな?

以上、夏恒例の特撮ヒーロー映画祭りでした。
十分に盛り上がる展開で飽きさせない作品です。
夏休み、お子さんと是非観に行ってみてください。
ではまた次回に会いましょう










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 坂の上の蜘蛛

    とある星人さん、おじゃまします。この映画、『君と波にのれたら』を見に行った時に予告編をやってました。
    歴史好きの私としては「おお!仮面ライダーは戦国時代に行くのか!」と思いましたが、あの!長篠の合戦の直前と言う設定だったんですね。
    私もこの1週間以内に『アルキメデスの大戦』行く予定です。『天気の子』はお盆休みくらいかな?そして、『このすば』も楽しみです。
    2019年07月28日 00:41
  • とある星人

    坂の上の蜘蛛さん、コメントありがとうございます。
    長篠の戦いの前に織田信長(本人)がオランダ人女性にうつつを抜かして、偶々現れたゲイツを影武者に添えるという展開でした(笑)。
    でも、今作を見た人達は「仮面ノリダー」の話で持ち切りでしたよ。
    まさか、あの「とんねるずのみなさんのおかげです」の一企画から仮面ライダーの映画に出るまでになるとはね(笑)。
    仮面ライダーに認められなくても凄い事ですよ?多分w
    さて、私は8月にワイルドスピードを観に行く予定ですが、ドミニクのスタントマンが撮影中の事故で重傷を負ったというニュースが在りましたが、次の作品は延期となってしまうのは仕方ないでしょうが、今後はどうなるのやら、、、。
    2019年07月28日 06:02