8月2日、ワイルドスピード スーパーコンボ観て来ました。

今日は、早速ワイルドスピード SUPER COMBOスーパーコンボを観て来ました。
P8020002.JPG
平日でしたが、金曜日の夕方で子供は夏休み中という事で以外に劇場は混雑しておりました。
P8020004.JPG
P8020003.JPG
今回の主役は元FBI特別捜査官のルーク・ホブス(ドウェイン・ジョンソン)と元MI6エージェントのデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)
なので、今回はドミニクは出てこない。
そんなわけでトレットファミリーではなく、ホブスファミリーやショウファミリーの事が語られる。
P8020005.JPG
この二人、犬猿の仲だったけど、少し関係も変わって来てますね。
二人の会話の掛け合いがまた面白くてね。
戦いのコンビネーション等も含めて息が合ってました。
まぁ、本人達に言ったら嫌な顔しそうですがね(笑)。
P8020007.JPG
ヒロインで、デッカードの妹ハッティ・ショウ(ヴァネッサ・カービー)もアクションが素晴らしかったです。
デッカードはもちろん、母親を含めてショウファミリーってあまり良いイメージが無かったのですが、今作で家族の事が語られて少し見方が変わりましたね。
P8020006.JPG
今回の最大の悪役、闇の組織「エティオン」に肉体改造されたブリクストン(イドリス・エルバ)も銃弾を弾いたり攻撃を予測するなど圧倒的な強さなんだけど、ホブスとデッカードのコンビネーションに敗れる。
「銃弾効かんのに拳で殴られてダメージ負うの?」との突っ込みは置いといて、最終的には組織に捨てられる憐れなキャラクターでしたね。
P8020008.JPG
ワイスピといえば、やはりカーチェイス!今回はやはりロンドンでのデッカードの駆る「マクラーレン720S」の爆走シーンが超クールでした。
あと、ミニクーパーが何気に登場するのは「ミニミニ大作戦」ネタでジェイソン・ステイサムのファンサービスですね(笑)。
アクションというところでは最後のホブスの故郷サモアでの筋肉祭り!というかシバタウがすんごい迫力でした。吹き替え版で観たんですが、このシーンだけはそのままで字幕で表示されましたが、むしろそっちの方が良かった。
エティオンに関しては、今後のシリーズでも出て来そうな組織でしたね。
デッカードをサポートするマフィアの女ボス「マダム・M」もエロカッコよくて今後も出てきてほしいキャラクターでした。

さて、次作が既にスタートしてるらしいワイスピシリーズですが、ドミニクのスタントマンが撮影中の事故で重傷を負って撮影がストップしてるというニュースがありますがどうなるのでしょうね。
何はともあれ、今後もワイスピシリーズを期待しております。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 坂の上の蜘蛛

    とある星人さん、おじゃまします。洋画、最近は見てませんね。
    一番最近見たのは『GODZILLA KING OF THE MONSTERS』でした。
    今度、『TOP GUN』の続編があるということなので、楽しみにしてます。
    2019年08月02日 23:13
  • とある星人

    坂の上の蜘蛛さん、コメントありがとうございます。
    トップガンといえば、トムクルーズのジャケットに付いてた日本と台湾の旗が消えてるらしいですね。
    なんでも出資した中国企業の意向だとか。
    2019年08月03日 06:29