2月25日、覇道を継ぐ者・其ノ弐

今日は前回の続きで、今川義元浅井長政雑賀孫市本願寺顕如北条氏康毛利元就の二世を挙げてみたいと思います。
P2250002.JPGP2250003.JPGP2250004.JPGP2250005.JPGP2250006.JPGP2250007.JPGP2250008.JPGP2250009.JPGP2250010.JPGP2250011.JPGP2250012.JPGP2250013.JPG

以上、今回載せられなかった「島津、長曾我部、伊達、真田」といった武家は次回にしたいと思います。
しかし今回は詳しい人じゃないと「誰やねん」ってレベルの人物ですね(笑)。
やはり一番上の今川氏真のインパクトは絶大ですねw
ではまた次回に会いましょう

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • 坂の上の蜘蛛

    とある星人さん、おじゃまします。今川氏真は戦国武将としては三流、四流だったと思いますが、領地を追われたあとは、京都に移り住み持ち前の蹴鞠や和歌の才能を生かして、京都の公家衆に人脈を築いていたとか?徳川家康はそんな氏真と交流を持ち続け、援助までしていたそうですね。自分が天下を取るにあたって、京都の公家衆との人脈を利用したかったのだと思います。
    2020年02月25日 23:14
  • 日々散財

    とある星人さん、こんばんは。
    今川氏真 よく見るとエースストライカーの番号10番が入ってるし、蹴ってるのサッカーボールやしw
    2020年02月25日 23:28
  • とある星人

    坂の上の蜘蛛さん、コメント&気持玉ありがとうございます。
    滅亡した武家の者でもしぶとく生き抜いてたりして、意外な所で第2の人生スタートさせてる方とかいて面白いですよね。
    今川氏真は「武」よりも「芸」の方が達者だったので、今川家から解放された方が幸せだったのかも。
    2020年02月26日 18:45
  • とある星人

    日々散財さん、コメントありがとうございます。
    面白いですよね♪ よく見ると日本代表のユニフォームっぽい服だし(笑)。
    2020年02月26日 18:47
  • とある星人

    気持玉ありがとうございます。
    2020年02月26日 19:03